栄養価の高い献立を考える

妊婦

健康のために体重管理

妊婦は悪阻が治まってくると、少しずつ体調が良くなってくるので、食欲が出て体重が増えてきます。標準体重の人や痩せ型の人は、8キロから12キロまで、太り気味の人は8キロ以内に体重の増加を抑える必要があります。体重が増えすぎてしまうと、妊娠高血圧症や妊娠糖尿病などの原因になり、早産や胎児の発育異常が起こりやすくなります。妊婦のダイエットは無理をしないことが大事です。胎児に必要な栄養素を補う必要があるので、無理な食事制限は控える必要があります。伝統的な和食は栄養のバランスがよく低カロリーなのが特徴です。一汁三菜を心掛けると良いでしょう。具だんさんのスープや味噌汁は、満腹感があり栄養価も高いのでお勧めです。切迫流産や早産などの心配がないことが前提ですが、マタニティヨガやウォーキングなどの運動もお勧めです。必ず医師の許可を得てから、その日の体調に合わせて適度に運動をすると良いでしょう。安定期に入ると体の調子が整ってくるので、身軽に動ける間に拭き掃除や部屋の片付けなどの家事もお勧めです。妊婦ダイエットがうまくいくと、体重の増加を防ぐことができます。妊婦は出産、分娩に備えて体力をつけておく必要があります。食事を制限するダイエットは貧血の原因になるので、絶対に避けて下さい。低カロリーで腹持ちの良い献立を考えることで、食べ過ぎを防ぐ効果があります。主食のご飯にしらたきを入れて、かさ増しするとカロリーを抑えられるので、ダイエットにお勧めです。

Copyright© 2018 スムージーダイエットにチャレンジ【無理せずに痩せられる】 All Rights Reserved.